ABOUT BPO

サポータスのBPOについて

すべての業務を見直してみませんか?

サポータスで最大限の業務効率化を

提案いたします。

サポータスのBPOについて

お客様のビジネス課題に真摯に向き合い、課題解決のために
IT技術とコンタクトコミュニケーションセンター(コールセンター)を組み合わせてご提案いたします。
お客様のご要望にお応えするだけではなくプラスアルファーで業務効率化のご相談や業務フローの改善など
お客様の業務課題の改善からご提案することが可能です。

IT技術力

コミュニケーション力

BPOサービスを導入するメリット

システム開発部門をもつ当社だからこそできる最高の提案があります。
貴社の業務フローや、ビジネス課題に合わせて、サービスを組み合わせてお客様オリジナルサービスを提供しております。
まずはお気軽にご相談ください。

POINT 01.

経営資源をコア業務に集中することができる

BPOサービスを導入する1番のメリットは、『ヒト・モノ・カネ・情報を、コア業務に集中できる』という点につきるかと思います。
人事や経理、コールセンターや配送・流通といったノンコアの業務は、仕事量が膨大にもかかわらず直接会社の業績につながるものではありません。また、仮に業務改善によってノンコア業務を効率化しようとしても、そこには新しい人材を育成したり、新しいシステムを導入したりするためのコストがかかってきます。
こういったコストをかけることを考えれば、その資金でBPOサービスを利用した方が収益に直結するコア業務に集中的に投入することができます。その結果として高品質なサービスを提供することができるようになれば、企業の競争力が高まり、事業拡大につなげることが可能となります。

POINT 02.

業務の効率化を実現できる

業務改善を実現しようした場合、システム開発やERPパッケージの導入などに多額の費用が必要になってきます。また運用・保守・管理するための知識を持つ人材も必要になってきます。
国内では高齢化が進行して労働人口がどんどん減少していきます。人材を確保したくてもできない状況が現実的に迫ってきているので企業にとって、すべてを外部委託できるビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)は、業務を大幅に効率化するための施策としてとても有益なはずです。
また、ソフトウェア開発や情報システム運用についてのトラブル対応から自社の業務を切り離すことができるのも、大きなメリットといえます。

POINT 03.

大幅なコスト削減が可能

BPOの導入による間接部門の業務効率化は、コスト削減にも大きな効果を発揮することが期待できます。
業務を外部に委託することで設備投資や人件費を減らすことができますし、社員採用や社員教育といった直接目に見えないコストの削減にもつなげることが可能です。
BPO導入によって、人件費はもちろんのこと、システム運用・管理にかかる固定費などを変動費化できることも大きな魅力です。
ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)の導入による委託業務契約には大きな意味があります。

経営者も従業員も幸せな
組織のカタチを実現する
サービス資料はこちらから